いつかきっと

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/02/22(木) 22:23:44.00 ID:Xxn1I61e.net
<東証>三菱UFJが軟調 利ざや改善への期待が後退
2018/02/22 11:11 日経速報ニュース
(11時10分、コード8306)続落している。一時、前日比12円60銭(1.6%)安い756円50銭に下げた。今年の安値となる。国内の長期金利の指標となる
新発10年物国債利回りは0.055%と約1カ月ぶりの低水準で推移している。貸し付けなどの利ざやが改善するとの期待が後退し、銀行株に売りが続
いている。みずほFG(8411)や三井住友FG(8316)も安い。
 16日に政府が提示した日銀の人事案を受け、当面は国内の低金利環境が続くとの見方が強まっている。次の日銀副総裁の1人には、金融緩和に
前向きな若田部昌澄・早稲田大学教授を充てる人事案が提示された。市場では「金融緩和の出口が遠のき、銀行株は買いづらくなった」(国内証券
ストラテジスト)との声があった。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/19(木) 07:06:28.58 ID:TJw+yZj0.net

「80兆円めど」乖離広がる(日銀ウオッチ)
2018/04/19 日本経済新聞 朝刊
 日銀の量的緩和縮小が進んでいる――。市場はそんな見方を強めている。2%の物価上昇率を達成させる金融緩和策の一つとして日銀が購入する
国債の増加ペースが鈍っているためだ。
 3月末時点で、日銀が保有する長期国債は前年同月に比べて49兆4233億円の増加にとどまった。増加額は13カ月連続で縮小し、2013年4月に
量的・質的金融緩和を始めた時に掲げた「年間50兆円ペース」をついに下回った。
 「デフレから脱却するため、経済にマネーを供給している」。日銀の若田部昌澄副総裁は4月16日、参院決算委員会でこう強調した。3月に就任した同
氏は大規模な金融緩和を訴える「リフレ派」だ。国債残高を今の「年間80兆円めど」より多い90兆円ペースに増やす主張をしたことがある。
 しかし3月末時点で、日銀が保有する長期国債残高は426兆5674億円と、2月末から3兆3966億円減った。3月は「国債の大量償還月」(みずほ証
券)ではあるが、1カ月間の減少額としては08年6月以降で最も大きかった。
 日銀は16年秋からの「総括的な検証」を経て同年、金融政策の主な目標を量から金利に転換し長期金利をゼロ%程度に誘導するよう国債の購入量
や手法を整えている。
 日銀が保有する国債残高はいまや市中残高の45%にのぼる。価格や債券利回りへの影響力は大きく、債券市場の安定のためにも買い入れ量は減
少する。それでも金利と量の両方の目標を掲げたのは「リフレ派の反発を回避するための措置だった」(17年夏まで日銀審議委員だった野村総合研究
所の木内登英氏)。
 17年度の国債残高の増加は「年80兆円めど」が50兆円弱だった。市場は日銀の「ステルス・テーパリング(ひそかに進める緩和縮小)」と受け入れて
いる。
 4月26〜27日に開かれる日銀の金融政策決定会合では国債保有の増加ペースは「80兆円めど」を堅持する方向だ。もしこの数字を削れば、市場は
日銀が本格的に緩和縮小に動き始めたと動揺が走るのは必至。しかし建前としての「めど」と実態の乖離(かいり)は広がりかねない。市場とのより丁寧
な対話が求められる。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/30(金) 06:25:52.99 ID:u94G22IW.net

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/05(火) 00:00:18.43 ID:c6zcWjaC.net

焦点:メガ銀がキャッシュレス決済事業に参入、NTTデータと競合も
https://jp.reuters.com/article/analysis-cashless-idJPKCN1J0143

[東京 4日 ロイター] – 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)と三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)が、キャッシュレス経済の進展を
見据えて決済インフラビジネスに参入する。キャッシュレスの柱の1つであるクレジットカードの決済インフラは、事実上NTTデータ(9613.T)の独占
市場だ。
今後NTTデータと競合する可能性もあり、両社の動向次第では決済コストの大幅な低下も見込まれそうだ。

<事実上、独占状態のNTTデータ>

三井住友は5月、ネット決済大手のGMOペイメントゲートウェーと次世代決済プラットフォームの構築について協議を始めると発表した。
三井住友幹部は「キャッシュレス決済の柔軟な仕組み作りと同時に、コスト削減を図るのが狙い」と話す。
経済産業省のリポートによると、民間最終消費支出に占めるキャッシュレスの比率は20%で、クレジットカードが18%を占める。今後、その他の
支払い手段の比率が上がるにしても、現在のキャッシュレス決済の主流はクレジットカードだ。
通常、消費者がクレジットカードを店舗で利用すると、その店舗(加盟店)は、カード所有者の確認や売り上げ情報を専用ネットワークを利用してカ
ード発行会社などに問い合わせる。最終的にカードが利用できるかどうかをチェックする重要なプロセスになる。
この専用ネットワークの運営と、決済情報のやり取りを担っているのがNTTデータが運用する「Cafis」というオンラインシステム。日本では、クレジ
ットカード大手のJCBが独自のオンラインシステムを持っているものの、他のクレジットカードはCafisに依存して決済情報を処理しているのが実態
だ。
あるカード発行会社の幹部は「NTTデータが事実上、カード決済インフラを独占していると言っていい。まさに業界の巨人」という。

<巨人・NTTデータと競合も>

しかし、クレジットカード業界にはCafisに対する不満があるのも事実。「品質や安全性には優れている」(先のカード発行会社幹部)との評価もある
一方で、「新しいサービス導入のスピードが遅い」(同)などの声もある。
さらにNTTデータは「1件当たりの利用手数料は決して高くない」(担当者)とするが、手数料が重荷になっているとの指摘もある。
三井住友はここに目を付け、これまでCafisに頼っていた決済情報処理をグループ内に取り込むことを狙う。「脱NTTデータ」を進め、決済事務を「
垂直統合」することで、これまで同社に支払っていた手数料を削減するとともに、より迅速で柔軟な決済の仕組みづくりを目指す。

一方、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は5月、インターネットの高速配信事業を世界展開する米アカマイ・テクノロジーズと共同で、新
型ブロックチェーン(分散台帳技術)を活用した高速で安価な決済システムを開発したと発表した。
MUFGの新決済システムでは、現在毎秒10万件弱にとどまる決済処理を100万件以上に高めることが可能という。コンビニなどでもキャッシュレ
ス決済が普及していることもあり、1件当たりの決済金額は小額化が進み、決済手数料の重みが相対的に増している。「決済コストの削減に大き
く寄与する」(広報部)という。
MUFGは19年度以降に、決済インフラ事業としてサービスを始める。ただ「NTTデータと競合することはない。NTTデータに使ってもらえるようなサ
ービスを考えたい」(広報部)としている。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/11(月) 09:43:39.82 ID:+Zsp5VOe.net

三菱UFJなどメガバンクが軟調、日米欧の金融政策会合前で買い手控え◇
https://minkabu.jp/stock/8316/news/2130514
2018/06/11 09:09
 三菱UFJなどメガバンクが軟調、日米欧の金融政策会合前で買い手控え◇  三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友
フィナンシャルグループ<8316.T>などメガバンクの株価が冴えない。米長期金利は2.9%台で強含んでいるものの、なかなか浮上の兆
しがつかめない状況にある。今週は日米欧の中央銀行の金融政策決定会合が揃って行われる週ということもあって、大手金融株は神経
質な展開を強いられそう。ただ、配当利回りやPBRなど株価指標面からは割安感が強く、下値に対しては抵抗力を発揮しそうだ。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/16(金) 06:21:35.82 ID:pGDsSkKy.net

貯金限度額、親子で溝、日本郵政は撤廃容認、ゆうちょ銀は慎重、マイナス金利、収益に影。
2018/03/16 日本経済新聞 朝刊

 ゆうちょ銀行が貯金の上限規制「預入限度額」を撤廃する動きに警戒を強めている。日銀のマイナス金利政策が収益に影を落とし、運用しきれない
貯金をこれ以上集めたくないからだ。味方であるはずの親会社、日本郵政は政治の風圧に耐えられず、早期撤廃に傾いた。無用なリスクを抱え込め
ば「絶対安全な銀行」という定評も崩れかねない。
 「売れない物をこれ以上仕入れてどうするんだ。不良在庫が増え、健全性を脅かすだけだ」。第三者機関の郵政民営化委員会が限度額撤廃へ動い
ていると察知した2月下旬、金融庁幹部はこう憤った。売れない物とは貯金を指し、不良在庫とは日銀に預けるマイナス預金のことだ。
 ゆうちょ銀行は日銀が2016年2月に始めたマイナス金利政策の悪影響を大きく受けている銀行の1つ。運用しきれず日銀に預けたマイナス預金は
推定10兆円。単純計算で100億円近く損失を毎年計上する計算だ。
 ゆうちょ銀行はマイナス金利を跳ね返すため、リスク資産への投資を加速し、収益モデルの再構築の真っ最中だ。その過程で健全性を示す自己資
本比率は17年末で18%と14年3月末の3分の1に急落する。事業モデル改革の副産物として、リスク許容力を落とさざるを得なくなった。
 逆にその分、貯金を減らし、規模縮小でリスクを抑えるしかない。「貯蓄から資産形成へ」とシフトし、郵便局で投資信託の販売を始めた。貯金に流
れるお金を抑制する狙いがある。
 しかし、苦しい台所事情を理解する関係者はそう多くない。その象徴が郵政民営化委員会や金融庁と共同で所管する総務省だ。限度額が撤廃され
れば、使い勝手がよくなる訳で、とりわけ地方から撤廃要望は強い。
 15日夕開かれた政府の郵政民営化委員会の岩田一政委員長の記者会見は、ゆうちょ銀行の苦しい台所事情を重く見た内容ではなかった。日本郵
政の長門正貢社長が「通常貯金の限度額を撤廃することを希望したい」と発言したことを明かしたからだ。
 政府が売り出したゆうちょ銀行株は2割強。裏返すと7割強は国が握る。依然として政府系のゆうちょ銀行が無尽蔵に貯金を集めたらどういう余波が
出てくるのか。とりわけ中小企業は大きく変動する日々の運転資金を預けたくても、上限規制があるがためにゆうちょ銀を敬遠していた。企業が何十
兆円単位で資金を動かしたら、地銀ですらひとたまりもない。
 全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は15日の記者会見で「様々な観点から慎重な検討が必要」と反対姿勢を
示した。
 ゆうちょ銀にとって、銀行界から反発を食らいたくない事情もある。全国各地の地銀と地方創生でファンドを作るなど、共存共栄策を模索しているから
だ。将来的には店舗やATM業務を共同化したり、協業する余地は多い。無用な反発を食らえば、頓挫しかねない。
 日本郵政は子会社に郵便局を運営する日本郵便を抱える。親子の間で利益相反が起こっていることも浮き彫りになった。今後の事業継続をにらみ
日本郵政グループは中期経営計画を策定中。グループ一体のあり方を考える大きな課題といえる。
 民営化委が限度額規制撤廃へ動くかどうか。撤廃に動けば、ゆうちょ銀行の完全民営化へ歪みをもたらす可能性がある。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/27(水) 06:16:11.82 ID:e0ejQwT1.net

個人の株保有額100兆円超、株主数5000万人突破。
2018/06/27 日本経済新聞 朝刊
 東京証券取引所が26日発表した株式分布調査によると、2017年度末時点で個人の日本株保有額は113兆円と1年前より14兆円近く増え
た。100兆円を超えるのは11年ぶりだ。好調な企業業績を背景に今年初めまで株式相場が上昇してきたうえ、2月以降の株価下落で個人の買
いが広がった。個人株主数(延べ人数)は5129万人と初めて5000万人を超えた。(1面参照)
 日銀の保有分は信託銀行に含まれる。上場投資信託(ETF)の買い入れで日銀の株式保有比率が高まったため、日銀以外の保有比率は相
対的に低下傾向にある。個人の保有比率は前年度調査よりも0・1ポイント低下し17%となった。1970年度の調査開始以来で最低の水準を更
新した。
 日本株の売買の7割を占める海外投資家は30・2%と0・1ポイントの上昇にとどまった。日銀が異次元緩和に踏み切った直前の12年度(28
%)からは増えたが、最近はほぼ横ばいが続いている。海外投資家は17年度に日本株を売り越した。
 企業自身による自社株買いも有力な買い手。3月末時点で企業が消却せずに保有する自社株は25兆円弱で保有比率は3・8%になった。上
場企業の2社に1社は「自社」が10位以内の大株主に入る計算だ。任天堂や三菱UFJフィナンシャル・グループなど330社強では、自社が実質
的な筆頭株主になる。
 日銀がETFの購入を続ける7年半の間に、日経平均株価は2倍強に上昇。個人の保有金額も増えてきたが、株価が上昇する局面では個人の
利益確定の売りを日銀が吸収する構図になっている。
 日銀が将来、金融緩和の出口戦略を模索すると日銀の買いによる株価の下支えが〓落し、株式相場が大きく調整する可能性がある。株式市
場からは「日銀は大規模緩和の副作用を見据えて政策を見直すべきだ」(ニッセイ基礎研究所の井出真吾氏)との声も出ている。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/06(金) 06:06:34.02 ID:BvVphrw2.net

日本株ADR5日、買い優勢 京セラや三菱UFJが上昇
2018/04/06 05:16 日経速報ニュース 136文字
【NQNニューヨーク=川内資子】5日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には買いが優勢だった。
日米株式相場がともに上昇したのを受け買われる銘柄が多かった。京セラや三菱UFJのほか、三井住友FG、キヤノン、野村が買われた。
一方、LINEとトヨタ、オリックスが下げた。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/02(土) 06:50:24.60 ID:ly+8Y0Hl.net

日本株ADR1日、買い優勢 トヨタや三菱UFJが上昇
2018/06/02 05:17 日経速報ニュース 131文字
【NQNニューヨーク=川内資子】1日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。
米株式相場が上昇した影響で買われる銘柄が多かった。トヨタが2.6%上昇。三菱UFJや野村のほか、ソニー、三井住友FGが買われた。
一方、LINEとキヤノンは下げた。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/11(金) 12:26:46.16 ID:J/Rdg1Dy.net

2018/05/11 11:06
三井住友FG(8316)
欧州系大手証券、レーティング強気。目標株価5,900円。
 欧州系大手証券が5月10日、三井住友フィナンシャルグループ<8316>のレーティングを強気(Outperform)とした。
また、目標株価は5,900円としている。因みに前日(5月9日)時点のレーティングコンセンサスは4.62(アナリスト数13人)
で「強気」の水準、目標株価コンセンサスは5,495円(アナリスト数13人)となっている

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/18(金) 06:09:59.04 ID:Znb69nNg.net

蜜月続く株・原油・金利―リーマン前と類似見え隠れ(スクランブル)
2018/05/18 日本経済新聞 朝刊
 日経平均株価と米国の金利、そして原油がそろって上昇する「蜜月」が続いている。セオリーとは異なる現象だが、持続性はあるのだろうか。
過去の景気拡大期を想起させる一方で、リーマン・ショック前との類似点も見え隠れする。
 17日の株式市場では、大手銀行株が軒並み高となった。米長期金利が3・1%近くまで上昇したのを受け、利ザヤが改善するとの思惑が広
がった。一方、原油価格が再び上昇し、JXTGホールディングスが2%高となるなど石油関連株も買われた。
□   □
 市場では「セオリー外の動き」との声がもれた。米金利が上昇してドル高になると、ドル建てで取引される原油価格は割高感が強まるため下が
りやすい。原油高になると、ガソリン価格の上昇を通じて消費を抑えるとの連想から株安になりやすい。こうした市場関係者の感覚と異なるから
だ。
 4月以降、米金利は0・4%弱上昇し、ニューヨーク原油は1バレル60ドル台半ばから71ドルに水準を切り上げた。日経平均は17日の上昇で
8週連続の上昇となる可能性が高まった。
 2月に米金利の上昇で市場が混乱した際には「金利高、株安、原油安」という関係だった。3カ月前と何が変わったのか。三井住友アセットマネ
ジメントの吉川雅幸チーフマクロストラテジストは米金利の上昇要因の違いに着目し「2月はインフレ懸念、今回は米景気期待」と指摘する。
 2月は米雇用統計で賃金の上昇が加速し、金融引き締めの懸念が強まった。足元では、減税の効果がじわじわ出始め、米景気の先行きに期
待が高まる一方、賃金や物価は安定している。「良い金利上昇」のイメージが強い。
 過去を振り返ると、米金利と原油、日経平均の蜜月が続いたのは景気の拡大期に多かった。直近では2016年半ばからの世界の同時回復期
に連動した。新興国の成長の勢いが強かった05〜06年などもそうだ。
 原油高はコスト高につながり企業業績の重荷になりそうだが、好景気を背景にした原油高なら、コストを吸収して業績も伸びる。JPモルガン・ア
セット・マネジメントの重見吉徳ストラテジストは「アベノミクス相場の初期は原油が1バレル100ドル前後でも業績が拡大した」と指摘する。
□   □
 死角はないのか。東海東京調査センターの平川昇二チーフグローバルストラテジストは「08年前半と似ている」と指摘する。当時は米金利や日
経平均は下落からの戻り局面にあり、原油は1バレル140ドル台の最高値に向けて上昇していた。一方、05〜06年と違って、産業用途が多く
景気への連動性が強い銅の価格はほとんど動いていなかった。今年は銅価格の上昇が止まっており「景気減速のサインでは」と危惧する。
 原油高は景気拡大ばかりが原因ではない。トランプ米政権がベネズエラやイランへの制裁を強め、供給が減ることへの懸念もある。銅には中
国需要の減少も指摘される。
 08年7月には原油高を受けて欧州中央銀行(ECB)が利上げをした苦い経験がある。「欧州の賃金は原油高に反応しやすい」(三井住友アセ
ットの吉川氏)とされ、ECBが市場の予想以上に早く、引き締めに動くリスクもある。
 米連邦準備理事会(FRB)が利上げを進めるなか、各市場は新たに均衡する水準を探っている。蜜月が、市場が発見した新たな均衡だと楽観
するのはまだ早そうだ。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/05(火) 22:30:15.31 ID:0t+9bNPJ.net

長期金利が上昇、日銀オペ減額への警戒感くすぶる−10年入札は無難
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-04/P9SDQE6S972F01

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/14(土) 03:54:19.07 ID:gmmFheG2.net

巨大金融機関の損失吸収力規制、3メガに野村HDも追加=金融庁
https://jp.reuters.com/article/fsa-tlac-nomura-idJPKBN1HK0WH

[東京 13日 ロイター] – 金融庁は13日、国際的な大手金融機関に課す新たな健全性基準「総損失吸収力(TLAC)」について、3メガバンクグルー
プに加え、野村ホールディングス(8604.T)も規制対象にすると発表した。国際合意に従い、3メガバンクは2019年3月31日から適用が開始されるが、
野村HDは2年遅く、21年3月31日から適用する。

同庁はTLACに関する枠組み整備の方針を2年ぶりに改訂した。
TLACは、リーマン・ショックで課題となった巨大銀行の「大き過ぎてつぶせない」という問題に対処するため、巨大行が経営難に陥った際に税金で救
済しなくてすむように、社債権者にも損失を負担させ、全体として十分な資本バッファーを確保させる狙いがある。
自己資本規制への対応資本を含め、損失を吸収できる社債などをリスク資産比で2019年に16%、22年に18%保有することを義務づけることで、2
015年に国際合意が成立した。
国際合意による規制対象は「グルーバルなシステム上重要な銀行」(G―SIBs)で、日本では三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)など3メガバ
ンクグループだが、金融庁は、海外の事業規模が大きいことに加え、破綻時に日本の金融システムに与える影響が大きいことから、野村HDもTLAC
規制の対象に加えることにした。

一方、金融庁は改訂した方針の中で、国際統一基準行、国内基準行のTLAC債の保有規制を示した。国際基準行については、国際合意に従い、一定
額以上のTLAC債を保有した場合は超過分を自己資本から控除する。国内行については、コア資本対比で5%を超えて保有する場合、超過分につき
150%のリスクウエートを課すことにした。
金融庁はまた、個人投資家によるTLAC債の保有について、国際動向をにらんで保有規制を検討する方針を明らかにした。TLAC債は金融グループ
の持ち株会社が発行するが、信用格付けが低く、相対的に金利が高い特徴がある。TLAC債は破たん時に損失吸収に使われ、元本き損のリスクがあ
るが、日本には預金保険制度があるため、相対的に高い利回りが投資家の間で人気を呼んでいた。

Nomura Holdings Inc639.8

8604.TTokyo Stock Exchange

+9.40(+1.49%)

8604.T
8604.T
8306.T

金融庁は、国際合意を踏まえ、海外のG―SIBsが破綻するケースに備えて、海外のG―SIBsが日本に構える子会社のうち、内部でTLACを備えておくべき金融機関を指定する方針も併せて示した。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/16(水) 06:11:17.48 ID:3CGQbepe.net

日本株ADR15日、売り優勢 三井住友FGと京セラが2%台の下げ
2018/05/16 05:18 日経速報ニュース 139文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】15日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。
同日の日米の株式相場がともに下落し、日本株ADRも売られる銘柄が多かった。
三井住友FGと京セラが2%台の下落となり、三菱UFJ、ソニーや野村も安かった。一方、LINEは上昇した。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/27(金) 06:08:47.65 ID:qQz/QUFO.net

日本株ADR 上げ目立つ、日米株高受け 京セラ大幅高、金融安い
2018/04/27 05:05 日経速報ニュース 168文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には上げる銘柄が目立った。
日米株式相場が上昇し、日本株ADRにも買いが入りやすかった。2018年3月期決算と併せて19年3月期の増収増益予想を示した京セラが大幅高。
LINEやソニー、キヤノンも高い。
一方、野村や三井住友FG、三菱UFJなど金融銘柄が下げた。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/14(土) 06:44:09.12 ID:uKVobNa8.net

日本株ADR 高安まちまち キヤノンが安い、京セラは上昇
2018/04/14 05:16 日経速報ニュース 169文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】13日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちだった。
米株式相場が下落した半面、日経平均株価は上げたため、日本株の米預託証券(ADR)には売り買いが交錯した。
キヤノンやLINE、ソニーが下落。みずほFGやトヨタも安い。
一方、京セラや三菱UFJ、三井住友FGは上げた。野村やオリックスも高い。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/18(金) 20:28:52.92 ID:SBj2vstE.net

メガ銀は店舗戦略の改革急げ(社説)
2018/05/18 日本経済新聞 朝刊
 メガバンクの稼ぐ力が衰えている。2018年3月期は本業のもうけを示す実質業務純益(傘下行合算)が3メガ銀とも10〜30%減少した。
 日銀のマイナス金利政策を背景に、かつて収益の源泉だった預貸金利ざやが低迷しているのが主因だ。景気が長い回復基調にあるのに利益
が伸びない。IT(情報技術)を使って国内店舗網のあり方を抜本的に見直し、人員もスリムにする必要がある。収益のじり貧から脱する工夫を急ぐ
べきだ。
 最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループの連結最終利益は前年比7%増の9896億円と過去2番目の水準だった。企業との持ち合い株の
解消売りが、株高局面と重なり売却益が膨らんだ。
 だがこうした一過性の利益を除いた業務純益は7165億円と16%減少した。米国やタイなど海外の傘下銀行は引き続き好調で、課題は国内
の銀行部門にある。
 約500の銀行支店網について平野信行社長は「いまは赤字ではないが、このままでは将来どうなるかわからない」と話す。三菱UFJ銀行は窓
口で行員が接客する従来型店舗は半減し、高機能ATMを使って窓口業務を自動化する小型店舗に置き換える。
 三井住友銀行は2年後までに全430支店で事務のペーパーレス化を進め人員を減らし、立地も「駅前」や「大通り」にこだわらない。三菱UFJと
三井住友は維持負担が重いATMの共通化も計画している。みずほ銀行は全体の2割にあたる100店を削減する。
 メガ銀が掲げる一連の店舗改革に注文がある。三菱UFJの場合で支店の来店客数が最近10年で4割減ったという。ふつうのサービス業ならか
なり深刻な事態だ。それでも3メガ銀は横並びで「午後3時」という閉店時間を見直してこなかった。
 今後の店舗運営ではデジタルに精通していない高齢者らへの目配りも大切になる。自らの都合を優先するだけでなく、顧客の利便性向上に真
剣に取り組んでほしい。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/14(木) 06:56:31.50 ID:udRWlZpk.net

日本株ADR13日、売り優勢 LINEと京セラが下落
2018/06/14 05:17 日経速報ニュース
【NQNニューヨーク=古江敦子】13日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。
同日の米株式相場が下落し、日本株ADRにも売りが広がった。LINEが2%近く下落し、京セラも1%近く下げた。
野村や三菱UFJ、みずほFG、三井住友FGも安い。一方、トヨタとホンダは上げた。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/26(土) 03:14:04.74 ID:NFExL7Rt.net

三菱UFJなどメガバンクが安い、米長期金利低下で売り先行
https://kabutan.jp/stock/news?code=8316&b=n201805250197
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>といったメガバンク
が安い。24日のニューヨーク市場で米10年債利回りは前の日に比べ0.02%低い2.97%に低下した。米朝首脳会談中止の発表を受け、リス
ク回避の動きが強まり安全性の高い米国債券には買いが流入した。米長期金利低下は利ザヤ縮小による業績悪化につながるとの懸念が浮上し
大手銀行株は軟調な値動きとなっている。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/31(木) 20:25:32.92 ID:3JYGgbtW.net

みずほFグループ − 3メガバンク「本業が儲からない」という憂鬱(上)

 みずほフィナンシャルグループ1万9000人、三菱UFJフィナンシャル・グループ6000人、三井住友フィナンシャルグループ1000人――。
 この数字は、3メガバンクグループがそれぞれ計画している人員削減の数字だ。いずれも希望退職を募るような「リストラ」ではなく、採用と退職
の人数を調整し、3年から10年かけて実施するものだが、各社ともその規模は小さくない。
 いまの日本は、1990年代後半から2000年代前半にかけて起きた不良債権問題や2008年のリーマンショックのような緊急事態に見舞われ
ているわけではない。いわば平時でありながら、3メガバンクで2万人を超えるほどの人員削減に踏み切らざるをえないのだ。

■異次元金融緩和と異様な低金利で儲からない

 銀行界にいったい何が起きているのだろうか。
 一言で言うと、銀行というビジネスが儲からなくなっている。原因の1つは、異次元の金融緩和によって異様な低金利が続いていること。銀行の
本業は預金で集めた資金を企業や個人に貸し出すことで成り立っている。運用と調達の金利差である「利ザヤ」が大きいほど利益は厚いが、低
金利に加え、カネ余りや銀行同士の競争が激化し、利ザヤが下げ止まらない。
 マクロの資金循環をみると、企業や家計は長年、カネ余り状態が続いている。高度成長期は企業が銀行に頭を下げて資金を借りていたが、今
はその関係が完全に逆転している。日本銀行の調べによると、日本は欧米諸国と比べて、可住面積あたりの銀行店舗数の多い「オーバーキャパ
シティ」状態にある。需要と供給のバランスでいうと、銀行業は完全に供給超過にある。
 冒頭の人員削減の数字は、炭鉱のカナリアならぬ、銀行界に迫り来る危機を告げる前触れなのかもしれない。

(山田 徹也)

(株)東洋経済新報社

(百万円) 経常収益 業務純益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連本2018.03 3,561,125 457,820 782,447 576,547 22.7 7.5
連本2019.03予 3,600,000 600,000 830,000 570,000 22.5 7.5
連本2020.03予 3,700,000 650,000 850,000 580,000 22.9 7.5
連中2017.09 1,764,841 241,649 431,306 316,645 12.5 3.75
連中2018.09予 1,780,000 300,000 450,000 310,000 12.2 3.75

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/12(火) 07:39:05.52 ID:m4NIxoCA.net

日本株ADR11日、買い優勢 LINEが3%台の上昇
2018/06/12 05:20 日経速報ニュース 132文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】11日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。
日米の株式相場がともに上昇し、日本株ADRも買われる銘柄が多かった。LINEが3%強上げ、ホンダやソニーも1%台の上昇となった。
一方、三井住友FGと野村は下落した。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/26(火) 05:58:03.65 ID:ptj9orzJ.net

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  / <こいつ最高にアホ
  \     ` ー’´     //
  / __        /
  (___)      /

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/25(水) 06:19:06.43 ID:reTn7fg8.net

株「日銀離れ」に一歩―ETF買いの副作用自覚(スクランブル)
2018/07/25 日本経済新聞 朝刊

 久々の国内発の材料だ。日銀の量的緩和の修正観測が浮上し、今週のマーケットはにわかにざわついた。観測とは緩和の「副作用」に配慮し
て金融政策の柔軟化を検討するというもの。中でも株式市場参加者の関心は一点に集中する。日銀はこのままETF(上場投資信託)を買い続け
るのか――。市場はいずれ訪れる日銀がいない世界も見据え始めた。
 「日銀に関する報道でここまで売られるとは」。大手証券のトレーダーはファーストリテイリング株の下げの大きさに驚く。値がさのファストリ株は
日経平均株価構成銘柄で指数の構成比率が最大だ。日銀のETFの購入縮小があり得るとみた投資家の売りで23日は6%安と急落。24日も
0・3%安と逆行安を演じた。
 ファストリ株の急落は、日銀のETF買いで実力以上に買われていたことの裏返しだ。ニッセイ基礎研究所の試算では日銀はファストリ株の17・
8%を保有。市場で流通する浮動株のうち日銀の保有比率は89%に達し、ETF買いやその修正の思惑で大きく動く。
□   □
 市場全体に視点を広げると、日銀のETF買いは市場にある種の「ゆがみ」をつくってきた。その結果、企業に適切な値段をつける市場の価格決
定機能が弱まっている疑いがある。
 このゆがみを示すのが「株式版・日銀トレード」の運用成績を示すグラフだ。株価指数へのインパクトが大きい構成銘柄上位20%の銘柄群を買
い、下位20%の銘柄群を空売りした際の運用成績を示している。日銀がETFを買い始めた10年から投資した元手は3倍超に増え、欧米株で同
じトレードを手掛けた場合の成績を大きく上回る。
 つまり日銀のETF買いによって指数構成銘柄を丸ごと買う「パッシブ運用」の存在感が欧米株市場よりも格段に強まっているわけだ。「パッシブ
運用の影響力がここまで強まると(業績で個別株を選ぶ)アクティブ運用が機能せず、アクティブ投資家がリスクをとれずに衰退する悪循環に陥っ
ている」。JPモルガン証券の阪上亮太氏はいう。
 「日銀には感謝しています。ETFを買ってくれなければ今ごろ日経平均は1万6000円程度だったでしょう」。米ヘッジファンドの外国人運用者は
いう。そしてこう続けた。「代わりに業績など個別企業のファンダメンタルズ通りに動かない投資しづらい市場になってしまった。本音ではもう止めて
ほしい」
□   □
 満期には償還されてなくなる国債と違い、日銀はETFをいつかは売らなければならない。日銀のETF保有残高は現時点で約25兆円(時価ベ
ース)。約8兆円の自己資本のおよそ3倍に相当する株の変動リスクを自らのバランスシートに抱えていることになる。
 今回の修正観測はいずれ来る出口も含め参加者に日銀買いの「麻酔」が切れた後の市場の姿を意識させる契機になった。「日銀は年6兆円の
目標を維持しつつそれを守らないステルス・テーパリング(ひそかな緩和縮小)に動くのではないか」。ニッセイ基礎研の井出真吾氏はこう予想し
ていた。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/17(木) 06:43:41.98 ID:joXZGBri.net

日本株ADR16日、やや売り優勢 LINEの下げ目立つ
2018/05/17 05:20 日経速報ニュース 94文字
【NQNニューヨーク=森田理恵】16日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りがやや優勢だった。
LINEが大幅安。三菱UFJや京セラ、野村も下げた。ホンダやトヨタ、ソニーは上げた。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/15(火) 22:02:39.27 ID:RFmZc0jK.net

アングル:大手銀が支店統廃合で前倒し損失、困難な「両面作戦」
https://jp.reuters.com/article/bank-loss-analysis-idJPKCN1IG1RV?il=0

[東京 15日 ロイター] – 大手行が、リテール支店網の収益化に向けて本格的に動き出した。三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)と三井
住友フィナンシャルグループ(8316.T)は2018年3月期決算で、支店網の統廃合にかかる損失を前倒しで計上。今後、高コスト体質のリテール事
業を再構築する。
ただ「収入を維持したまま、リストラを進める両面作戦」(大手行役員)には困難も予想される。

<店舗統廃合で、コスト削減>  

三菱UFJは18年3月期に支店の統廃合に関連する損失を430億円、三井住友は250億円を計上した。店舗の改編、統廃合で今後発生する損
失を前倒しで処理した。三菱UFJは、収益の生んでいない店舗の減損計上にも踏み込んだ。
三菱UFJは今後6年間で銀行支店約510カ店のうち、2割を削減。このうち、従来型は半減させるが、3割は機能を特化させた軽量店舗に置き換
える。三井住友は約430カ店のうち、すでに約100店舗を次世代型に移行、残り2年ですべてを衣替えする。
みずほフィナンシャルグループ(8411.T)も100拠点を統廃合すると表明しているが、損失計上は見送った。

三菱UFJの平野信行社長は、リテール業務が赤字ではないとしたものの「このまま放っておけば、赤字になりかねない」と説明。顧客との接点に
ついて「リアルの店舗とネットやモバイルを適切に組み合わせる必要がある」と語った。
三菱UFJの来店客数は10年間で4割減少する一方、インターネットバンキングの利用者は5年で4割増えた。店舗の収益性は低下の一途だ。統
廃合や小型・軽量店舗への転換により、運営コストを引き下げるのがリテール事業の課題だ。

<ネットワークの経済性に潜むわな>

ただ、収入を落とさずにリストラを進めるのは、難しいとの指摘も多い。ある大手銀行首脳は「支店を閉じれば、粗利(売上高)も確実に落ちる。しか
も、店舗の撤退ができなければ物件費は残るし、人件費もすぐに減らせるわけでもない」と解説する。
銀行支店は、金庫など特有の設備があるため、簡単には次の借り手や買い手が見つからない。下手をすると、コストは大きく下がらないまま、粗利
だけが減少していく悪循環に陥りかねない。
もう1つの懸念が、ネットワークの経済性に潜むわなだ。赤字店舗だけをリストラしようとしても、支店網は全体で収益を維持している側面もある。
別の大手銀の企画担当者は「ネットワークが薄くなったり、き損すると、黒字店舗の収益も悪化しかねない」と心配もする。

<巨大な支店網を構築する欧米銀>

邦銀が支店網のリストラに走る中、欧米では巨大なネットワークを維持し、リテール業務で収益を上げている銀行も少なくない。
仏大手銀のBNPパリバ(BNPP.PA)や、スペイン大手銀のサンタンデール(SAN.MC)などの本国での支店は、数千店規模だ。小規模・軽量化を進
めた支店内では現金を一切扱わずに事務コストを大きく引き下げている。競争環境や人口密度などで一概には比較はできないが、邦銀の「1周
先」を走っているのが実情だ。
マッコーリーキャピタル証券の守山啓輔シニアアナリストは「資産運用や信託業務などの分野では、リテール店舗の重要性は低下しない。高品
質のサービスは対面が欠かせず、高収益性という形で顧客からの評価を得られる」と語る。
粗利はネットバンキングなどのデジタル・チャネルや、相談業務などの機能に特化した小型店舗で維持しつつ、コスト削減を図るという「両面作戦
を闘うような厳しいオペレーション」(大手行役員)を強いられる大手銀。厳しい環境下で利益目標をどのように達成していくのか、経営陣の力量が
問われることになる。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/11(金) 16:03:41.57 ID:392tyZqP.net

三菱UFJ銀と三井住友銀、ATMの共通利用を協議=関係筋
https://jp.reuters.com/article/ufj-smbc-idJPKBN1IC0BM

[東京 11日 ロイター] – 三菱UFJ銀行と三井住友銀行が、ATM(現金自動預払機)の共通利用に向けて協議していることが
11日、分かった。複数の関係者が明らかにした。ATMの運営コスト削減が狙い。
各行が独自に設置しているATMを利用者が共通に利用することができれば、台数の削減などを通じてコスト削減につながる。
駅前などで重複して設置されているATMの集約を検討する。
ただ、通帳の記入方式が異なっていたり、手数料をどのように割り振るかなどの課題もあり、今後、詳細を詰める。
みずほ銀行は今年度に勘定系システムの移行を控えており、当面は協議には加わらない見通しだ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/13(水) 07:30:54.63 ID:/y3r/muL.net

日本国債、取引低迷に拍車=広がる大規模緩和の副作用
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061200911&g=eco

 日本国債の取引低迷に拍車がかかっている。11日の東京債券市場では、長期金利の指標となる10年物国債の取引が終日成立しなかった。
日銀が大規模に国債を買い入れる金融緩和が長期化し、市場で出回る国債が減少していることが背景だ。
 取引の不成立は今年に入り既に4度目。2017年は1年間でわずか2度だっただけに、大規模緩和の副作用が広がっている様子がうかがえる。
 日銀は2%の物価目標の早期実現を目指しているが、4月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比0.7%上昇と、伸び率は前月か
ら0.2ポイント縮小。14日から始まる日銀金融政策決定会合でも、物価の伸び悩みが議論の中心になる見込み。金融政策の正常化には「なお
距離がある」(黒田東彦総裁)という状況が続く。
 日銀の国債保有残高は17年末で449兆円に拡大。国債発行残高(1092兆円)に占める割合も4割を超え、四半期ベースで過去最高を更新
し続けている。日銀による国債の「独り占め」が続けば、「品薄状態が強まり、取引はさらに成立しにくくなる」(市場関係者)と懸念されている。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/27(水) 06:20:04.34 ID:e0ejQwT1.net

日本株ADR 全面高 LINEやオリックス、三菱UFJ高い
2018/06/27 05:10 日経速報ニュース 122文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は全面高だった。
同日の日米株式相場が反発し、日本株のADRにも買いが入りやすかった。LINEやオリックス、三菱UFJが高い。
三井住友FGやキヤノン、ソニーも上げた。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/30(金) 03:39:52.30 ID:2bXoy7Lo.net

日経レバETF、投資口数1年4カ月ぶり多さ
2018/03/29 20:00 日経速報ニュース 463文字
 上場投資信託(ETF)の「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(日経レバ)」の投資口数(株数に相当)が増えている。
投資口数は28日時点で3224万口と2016年11月以来1年4カ月ぶりの多さになった。さえない相場が続くなか、一部の個人は自律反発への期待を強め
ているようだ。
 日経レバは日経平均株価の2倍の値動きを目指して運用するETF。値動きが大きく、目先の上昇が期待される局面で買われやすい。日経平均が3
月に再び2万2000円を割り込んで以降、買いの勢いが強まり、日経レバの需給がタイトになって口数増につながった。投資口数は昨年末比では約2.8
倍に膨らんでいる。
 29日も日経レバへの買いが優勢で、松井証券では買い越しになったという。日経平均のPER(株価収益率)は12倍台と2012年末から始まったアベノ
ミクス相場の下限まで低下している。割安感が強まっていることなどを受け、足元では「小口の個人投資家の参加も目立つなど、裾野が広がっている」
(SMBC日興証券の長谷川浩氏)との声もあった。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/26(土) 19:29:16.60 ID:BparYjqw.net

三井住友銀行単体  5770億  三菱UFJ  4377億 本業では三井住友が圧勝

三菱UFJ  信託が1867億  モルガン配当 1718億  米国子会社ユニオン銀行 1120億
この3つの差で 三井住友に総合では 勝っているが 銀行本業では すでに住友の圧勝。  住友信託と合併がのぞまれる。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/12(火) 02:44:39.07 ID:CPk5CS64.net

焦点:日銀、次回会合で弱い物価動向点検 現行政策は維持
https://jp.reuters.com/article/boj-policy-meeting-idJPKBN1J70ZF
[東京 11日 ロイター] – 日銀は14、15日の金融政策決定会合で、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的
金融緩和政策の維持を決める見通し。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/08(日) 08:06:23.11 ID:84Wd0w33.net

1827 8316 三井住友フィナンシャルグループ SUMITOMO MITSUI FINANCIAL GROUP, INC. 131,692,300 597,612,145,400

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/15(金) 06:10:04.74 ID:SAPj6XAj.net

日本株ADR 売り目立つ、ソニーやホンダが下落、三井住友FG上昇
2018/06/15 05:15 日経速報ニュース 140文字
【NQNニューヨーク=横内理恵】14日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが目立った。
同日の米株式市場でダウ工業株30種平均が下げ、日本株のADRにも売りが出やすかった。
ソニーやホンダ、三菱UFJが下落。オリックスや野村も下げた。
一方、三井住友FGや京セラは上昇した。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/08/04(土) 06:36:03.15 ID:nDHOxh0Z.net

日本株ADR3日、高安まちまち ホンダが上昇、三菱UFJは下落
2018/08/04 05:26 日経速報ニュース 159文字
【NQNニューヨーク=川内資子】3日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちだった。
日米株式相場がともに上昇した影響で買われる銘柄もあったが、東京市場で下げた銘柄は売られ、全体では方向感が出なかった。
ホンダやみずほFGのほか、キヤノンが上昇した。一方、三菱UFJや三井住友FG、野村、LINEが下げた。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/31(木) 20:28:04.47 ID:3JYGgbtW.net

みずほFグループ − 3メガバンク「本業が儲からない」という憂鬱(中)

 2000年から2002年にかけて、当時の都市銀行が合併・統合し、3つのメガバンクグループが誕生した。発足当初、「金融は大きく変わるかも
しれない」という期待と高揚感があった。しかし、案に相違して日本の銀行ビジネスは成熟産業化している。そのことは、メガバンクグループの業
績推移からも読み取れる。
 まず、事業会社で本業の儲けを示す営業利益に相当する連結業務純益は、2003年度を1とした場合、三井住友は1.1とかろうじて増えてい
るが、三菱UFJは0.92、みずほに至っては0.45にすぎない。
 連結業務純益を連結業務粗利益と経費に要因分解すると、三井住友は連結業務粗利益も経費も相応に増えているのに対し、1万9000人の
人員削減に踏み切るみずほは、経費も連結業務粗利益も横ばいで推移している。みずほは1万9000人の人員削減にばかり焦点が当たるが、
坂井辰史社長が「稼ぐ力を取り戻す」と強調するように、問題の本質はむしろ稼ぐ力(連結業務粗利益)をどう上向かせるかだということがわかる。
 国内の本業(国内資金利益)の落ち込みをカバーすべく、各メガグループは手数料収益や海外、子会社の拡大を進めてきた。
 しかし、こうした努力はいずれも頭打ちになっている。グループ発足当初に2割に満たなかった手数料比率(業務粗利益に占める役務取引等利
益の割合)は足元3割を超えている。力を入れてきた海外貸出の残高も各メガバンクともここへきて一服感が出ており、三菱UFJの2018年3月
期の海外貸出残高は2017年3月期と比べて減少した(期末残高比較)。

■拡大路線からダイエットする段階へ

 また、メガバンク各社は買収や合併を繰り返し、銀行を中心に、証券や信託銀行、リースやカードなど、各種の金融機能を備えた総合的な一大
金融グループを作り上げた。
 その結果、国内最大手である三菱UFJの連結資産規模は、前身である三菱東京フィナンシャル・グループ発足初年度の2002年3月末に17
9兆円だったのが、いまや306兆円に7割膨張した。2018年度からの新しい中期経営計画について、三菱UFJの平野信行社長は「貸出残高
を伸ばすことで収益を上げるモデルをチェンジしないといけない」と述べている。これまでひたすら拡大路線を突っ走ってきた肥満ぎみの金融グル
ープをダイエットする段階に入っているように見える。

(株)東洋経済新報社

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/13(水) 00:41:09.11 ID:wERlxRhR.net

三井住友FG − 【四季報先取り】三井住友FG
【経常増】資産運用・管理、不動産軸に手数料続伸。貸出金は残高増一服だが、内外とも利ザヤはほぼ底打つ。経費もほぼ横ばい。与信費用
は200億円の繰り入れに転じるが巡航ペース。政策株売却益もあり経常増。
【入れ替え】低採算資産を圧縮。航空機や船舶、不動産非遡及ローンなどプロダクト関連与信を強化。他行比貸倒率低い住宅ローン入り口に運
用商品販売など展開企図。

三菱UFJFG − 【四季報先取り】三菱UFJFG
【経常減益】国内利ザヤ縮小ほぼ底打ちだが、海外貸出伸び一服。手数料・信託報酬も横ばい圏。持分モルガン・スタンレー貢献、政策株売却
益あっても与信費用は巡航速度の1200億円に増。経常減益。増配。
【新中計】23年度までの6年かけて新成長モデルを模索。68%の経費率を60%程度に。海外商業銀行、ウェルスマネジメント、法人向け投資
銀行ビジネスなどを強化育成。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/19(土) 06:07:23.12 ID:G5M1KE6J.net

フィンテック台頭
 メガバンクも人ごとではない。三菱UFJフィナンシャル・グループは18年3月期決算で不採算店舗を430億円分減損処理した。三菱自動車など
問題企業を再建する際に負の遺産の前倒し処理を求めてきた。「メーカーさんのリストラにならおう」と首脳が指示したという。
 「一気に費用計上して損失を前倒し処理するか、議論があった」。みずほフィナンシャルグループ幹部が日本経済新聞に漏らした減損を巡る議論
の対象は「設備」だ。
 過去に2度のシステム障害を起こしたみずほ。新しい勘定系システムの円滑な導入は最優先の課題だった。ところが安定稼働に手を尽くした結
果、開発費用は当初の見積もりを大きく上回り、5千億円に達する可能性も出ている。
 問題は新システムが重荷になる懸念が出てきた点だ。産業界がブロックチェーンのような新しい決済を使うと収益に寄与しない危険をはらむから
だ。金融庁幹部は昨年秋、「一括償却し損失を出し切る手もある」と述べている。
 坂井辰史社長は「5〜10年かけて償却する」と説明する。しかし、その間に固定電話が携帯電話に置き換わったように銀行の決済システムがフ
ィンテックに押しやられるシナリオも捨てきれない。
 全銀行の固定資産は総額10兆円。そこに不良資産問題の足音が忍び寄る。「マイナス金利で風景が一変し、減損が出やすい環境に入った」。
大手監査法人幹部は銀行を巡る環境変化を指摘する。
 1990年代の不良債権問題で銀行が損失処理したのは累計で100兆円規模に上る。それに比べれば不良資産の規模は小さいものの、フィンテ
ックの台頭など金融環境が激変する中で店舗網に依存した経営モデルが限界に達しつつあることを示している。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/23(月) 17:44:57.73 ID:jVZe8o1f.net

〔東京株式〕金融株が支えに
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180423-00000126-jijf-market
 前週末の米国市場で米アップル株が大幅に下落した流れを引き継ぎ、ハイテク株を中心に売りが先行した。日経平均株価は朝方切り返す場面も
あったが、すぐに値を消し、マイナス圏での推移に終始した。
 ただ、東証株価指数(TOPIX)は前日終値近辺で底堅い値動きが続いた。為替が前週末に比べてやや円安・ドル高方向に振れたほか、保険・銀行
株の上昇が目立ち、全体を支える要因となったようだ。週内は日米ともに主要企業の決算発表が相次ぐため動きづらく、東証1部の売買代金は低水
準にとどまった。
 一方、北朝鮮による核実験の停止表明に対しては、地政学リスクの緩和につながるか判断しかねるとの声が出ていた。ある市場関係者は「狙いが
不明で、週末の南北首脳会談で詳細が明らかになるまでは評価しにくい」(大手証券)と話していた。(了)

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/10(火) 03:04:03.16 ID:UY87sZkz.net

米ダウ平均の上げ幅、一時400ドル超 ハイテク株に買い広がる
2018/04/10 02:25 日経速報ニュース 407文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】9日午後の米株式相場が一段高となっている。ダウ工業株30種平均の上げ幅は一時前週末比400ドルを超え、2万
4300ドル台ばまで上昇した。週末に米政権幹部が対中政策で強硬姿勢を和らげる発言をし、貿易摩擦への過度な警戒感が和らいだ。1〜3月期の
決算発表シーズンが近づき、ハイテク株には好決算を期待した買いが入っている。
 中国事業の比率が高い建機のキャタピラー、工業製品・事務用品のスリーエム(3M)、航空機のボーイングなどが買い優勢となっている。米長期金
利が上昇し、利ざや改善期待から金融株も買われやすい。JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスが高い。
 ハイテク株への買いも目立つ。アナリストが好調な決算への期待を示した半導体株が大幅高。アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、アップルも
3%前後上げている。今週から本格化する米主要企業の四半期決算の発表への期待は高い。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/12(木) 06:49:15.53 ID:t6f4xPO6.net

日本株ADR11日、高安まちまち NTTドコモが下落、野村は上昇
2018/04/12 05:14 日経速報ニュース 135文字
【NQNニューヨーク=川内資子】11日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は高安まちまちだった。
日米株式相場がともに下落し、NTTドコモやLINE、ソニー、キヤノンなどが売られた。ただ、同日の東京市場で上げた野村やみずほFG、
三井住友FGなどは買い優勢となった。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/01(金) 22:26:36.10 ID:JeKFRb/b.net

イタリアより深刻な日本(大機小機)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31241840R00C18A6920M00/

 イタリアの国債利回りが急上昇した。欧州連合(EU)懐疑派の極右・ポピュリズム(大衆迎合主義)政権の誕生による財政拡張への懸念から
だ。このままでは債務危機が再燃しかねない。だが、そのイタリアより財政がずっと深刻なのが日本である。
 安倍政権は借金や利払いを除外する基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標を2020年度から25年度に先送りした。一方のイタリ
アは、基礎的収支の黒字を維持している。財政収支の赤字も国内総生産(GDP)比で1.9%とユーロ基準(3%以内)を満たす。長期債務残高のG
DP比は131%とユーロ圏ではギリシャに次ぐ高水準だが、日本の236%とは比べようがない。

 基礎的収支の黒字化は本来、短期目標である。プライマリーとは基礎的というより初歩的という意味で、跳び箱でいえば3段くらいだ。ユーロ圏
の主要国などが財政収支の黒字化を目指して7段の跳び箱を跳んでいるときに、日本は20年以上も、3段の跳び箱の前でためらい続けている。
 その目標を5年も先送りするのには驚く。21年度の中間目標も大甘だ。日本が仮に欧州の国であってもユーロには加盟できない。
 経済大国である日本がなぜこんなことになったのか。少子高齢化が進行中なのに、消費増税を先送りしてきたうえに、社会保障制度にもメスを
入れなかった。来秋の消費増税には、経済対策で備える手厚さだ。東アジアの緊張で、防衛費のGDP比1%原則も外されかねない。

 黒田東彦日銀総裁はそんな財政危機に警告するどころか、膨らむ財政赤字を事実上の財政ファイナンスで支えている。出口戦略を先送りすれば
金利急騰など潜在的リスクが累積する。
 何より与野党とも政治家の危機感が乏しすぎる。悪性インフレによる債務帳消しをもくろんでいるのか。財務官僚にいたっては財政再建どころか、
首相の顔色をうかがって公文書改ざんなど大罪を犯している。
 財政規律を失わせた安倍政権の責任は重大である。長期政権に求められる不人気の改革を避けてきた。財政ポピュリズムのツケは必ず将来世
代に回る。政治混乱のなかで、大統領や中央銀行総裁が危機感を持って警告するイタリアが、まだ健全にみえる。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/08(日) 08:10:22.49 ID:84Wd0w33.net

1132 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ MITSUBISHI UFJ FINANCIAL GROUP, INC. 1,105,055,200 780,163,482,100

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/31(木) 10:17:44.84 ID:wXNQs3qm.net

三井住友など銀行株はしっかり、イタリア懸念後退で買い戻しも
https://kabutan.jp/stock/news?code=8316&b=n201805310161

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>やみずほフィナンシャルグループ<8411>、りそなホールディングス<8308>といった銀行株はしっかり。
30日の欧州市場では、イタリア政情不安に対する懸念が後退。市場のリスク回避姿勢が和らいだことが好感され、海外市場ではドイツ銀、バ
ークレイズ、JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカといった銀行株が上昇した。この流れを引き継ぎ、日本の大手銀行株にも買い戻しの
動きが出ている。ただ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>は買い一巡後、値を消すなど上値では売りに押される動きも出ている。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/05/22(火) 15:44:36.13 ID:EN2feH/+.net

低金利長期化が金融機関経営に影響、副作用に配慮=黒田日銀総裁
https://jp.reuters.com/article/boj-kuroda-interest-rate-idJPKCN1IN0BD

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/03/30(金) 06:08:08.11 ID:u94G22IW.net

米国株、反発でダウ254ドル高 主力株上昇で心理改善、フェイスブック高い
2018/03/30 05:34 日経速報ニュース 1316文字
【NQNニューヨーク=滝口朋史】29日の米株式相場は3営業日ぶりに反発した。ダウ工業株30種平均は前日比254ドル69セント(1.1%)高の2万4103
ドル11セントで終えた。下落が続いていたフェイスブックやアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株が買われ、投資家心理が改善した。四半期末と3
連休を控え、売りに傾いた持ち高を中立方向に戻す目的の買いも入った。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/22(金) 10:29:05.15 ID:OfsH3hnx.net

<東証>三菱UFJが7日続落 伸びない物価を嫌気
2018/06/22 10:24 日経速報ニュース
(10時20分、コード8306)三菱UFJが7日続落している。一時前日比15円50銭(2.5%)安の607円60銭を付け、連日で年初来安値を更新した。
7日間で1割下落した。物価の伸びが鈍く、貸出金利が上がりにくい状況が続くとの見方から見切り売りが続いている。
 銀行融資の基準金利である東京銀行間取引金利(TIBOR)の1週間物が21日、1995年の公表開始以降で初めてマイナスになった。金融機
関の収益環境の厳しさが意識されるが、市場では「(融資金利の)基準とされるのは3カ月物や6カ月物で、実質的な影響はない」(マネックス
証券の大槻奈那チーフ・アナリスト)との見方があった。
 三井住友FG(8316)とみずほFG(8411)も安い。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/01(金) 13:22:02.32 ID:49QC92Uk.net

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/08/03(金) 06:16:25.78 ID:Mc06waOC.net

日本株ADR2日、買い優勢 金融銘柄が高い
2018/08/03 05:18 日経速報ニュース 126文字
【NQNニューヨーク=戸部実華】2日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。
野村と三菱UFJが1%近く上げ、みずほFGや三井住友FGも上昇するなど金融銘柄が総じて買われた。
ソニーも買いが優勢だった。一方、トヨタとホンダは下落した。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/07/03(火) 10:34:46.45 ID:eqM0Ledc.net

日本株ADR2日、売り優勢 三菱UFJやキヤノンが安い
2018/07/03 05:18 日経速報ニュース 143文字
【NQNニューヨーク=川内資子】2日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。
同日の東京株式市場で日経平均株価が大きく下げた影響で売られる銘柄が多かった。
三菱UFJとキヤノンがともに2%強下げ、三井住友FGやみずほFG、ホンダが売られた。
一方、LINEが上昇した。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/04/20(金) 13:14:06.12 ID:9QTYWvwl.net

円安じわり 「タケダ効果」に期待
2018/04/20 13:10 日経速報ニュース 1164文字
 外為市場で円安がじわりと進んできた。米長期金利の上昇で、日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買いが優勢となっている。だが、市場関係者
間では「円売りをもたらしているのは金利差だけではない」との声が漏れる。話題となっているのが、武田薬品工業によるアイルランドの製薬大手シャイ
アーの買収観測だ。巨額の円売りをもたらすかもしれない「タケダマネー」への期待が高まっている。
 20日の外国為替市場で円相場は一時1ドル=107円台後半と、約1週間ぶりの円安・ドル高水準を付け、2月以来の108円台に迫っている。前日の海外
市場では、米長期金利の指標となる10年物の米国債利回りが一時2.93%と、約1カ月ぶりの高水準に上昇。米金利差が拡大するとの観測を背景とした
円売り・ドル買いが出やすい環境だ。
 それに加えて、市場が思惑を膨らませているのが、日本企業による海外企業の巨額買収に伴う円売りだ。
 一方、この間、武田薬品工業はアイルランドの製薬大手シャイアーへの買収提案を発表した。規模は巨額で、総額427億ポンド(約6兆5千億円)に上
る。現金と武田の新株を組み合わせたM&A(合併・買収)により全株式の取得を目指しているという。2016年のソフトバンクグループによる英半導体設
計アーム・ホールディングスの買収(約3兆3千億円)を上回り、海外企業へのM&Aとして過去最大になる可能性がある。
 巨額買収の行方はまだ混沌としている。実際に買収に伴う資金調達の動きが出ているのか真相は不明だ。ただ、「仮に実現すれば、ものすごい円売
りインパクトになる可能性がある」(野村証券外国為替部の小林昌志エグゼクティブ・ディレクター)という。
 買収に直接必要な通貨となるのはポンドだ。ポンド相場はここ数日、利上げ観測後退によるポンド安と、買収期待によるポンドの思惑買いが交錯し、粗
い値動きになっているという。対ポンドで円が大きく下落すれば、対ドルの円相場にも下押しの圧力がかかりやすい。
 もっとも、円相場の上値を重くしている可能性があるのは、タケダ1社の買収案件に限らない。
 シティグループ証券の高島修チーフFXストラテジストは「日本企業による対外M&Aは昨年停滞していたが、今年に入って復調の兆しが出ている」と
指摘する。日本企業が発表した海外企業の買収案件のうち、現金を使うと明示した例だけを集計したところ、18年1月ごろを境に増加が続いているという。
高島氏は「直接投資による円売り需要が円高に歯止めをかけうる勢力として復調してきた」と指摘する。
 貿易戦争懸念がくすぶる中、円相場の先行きについてはなお見方が分かれている。ただ、「既に円安方向に流れは変わった」(三井住友銀行の石橋
優為替トレーディンググループ長)との声もじわりと増えてきた。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/06/21(木) 15:22:32.03 ID:hgY8KYwH.net

<東証>三井住友FGが安値 機関投資家が銀行株に売り
2018/06/21 14:31 日経速報ニュース
(14時15分、コード8316)三井住友FGが下げ幅を広げている。午後には一時、前日比110円(2.5%)安の4306円まで下げた。
年初来安値を4月4日以来、2カ月半ぶりに更新した。米連邦準備理事会(FRB)が13日に政策金利を引き上げた後も米長期
金利が3%を下回る低水準で推移し、収益の低下を懸念した売りが引き続き出ている。
 「グローバルで運用をしている機関投資家が主要国の銀行株の持ち高を引き下げている」(国内証券ストラテジスト)という。
三菱UFJ(8306)やみずほFG(8411)も安い。マネックス証券の大槻奈那チーフ・アナリストは「日銀の金融政策が現状維持と
なり、当面は国内金利も上がらないとみた投資家が銀行株に売りを出している」と指摘していた。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

  • 【8698】こんにちわ、マネックスです【高配当】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:02:53.54 ID:fdiHf1DY.net マネックス証券HP http://www.monex.co.jp/ マネックスナイター htt…

  • 【8411】みずほ ぬるぽ ダメポ銀行 1

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/04/25(月) 00:08:09.61 ID:29m5F6dV.net 言わずと知れたメガバンク 巨乳画像貼りアホールド出入り禁止 98 :名無しさん@お腹いっぱい。…

  • 【3656】KLab418【シャニライリリース】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/08/28(月) 17:55:33.57 ID:Uv+I2sOM.net http://www.klab.com/jp/ ▽KLab広報ブログ http://pr.bl…

  • 【2724】インスパイアー

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/24(月) 08:42:12.95 ID:6I25hr1V.net 株主全員含み損銘柄語れ 154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 11…

  • 【2158】FRONTEO 【フロンテオ遅咲きAI銘柄】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/01/18(水) 12:04:44.86 ID:TQoZbEdm.net 旧UBIC、社名変更で完全おいてけぼり銘柄 人工知能 + セキュリティが賑やかになる2017年…

  • 明日買えばいい株 1

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/10/11(水) 17:40:28.21 ID:KXJIyKff.net ワタミ 488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2018/02/10(土) 21:16:18.4…

  • 【3318】メガネスーパー

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/05/04(水) 18:16:21.00 ID:/6G9+9tz.net 上場廃止阻止なるか 次の決算の黒字にかかってる 244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017…

  • 【3656】KLab426

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/12/25(月) 21:04:27.22 ID:oOUf14v7.net KLabのスレです 【3656】KLab420 http://mao.2ch.net/test…

  • インスタグラム関連株【6081】アライドアーキテクツ

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/03/04(水) 02:22:25.58 ID:upGis3/b.net テーマ株抜群インスタグラム関連株6081アライドアーキテクツ 目標株価一万円☆ 274 :名無…

  • 【3689】イグニス【秋元】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2016/11/14(月) 19:40:00.65 ID:Lrf+kipA.net 秋元パワー炸裂! 旬の銘柄イグニスについて語れ! 目指せ万円株! 393 :名無しさん@お腹い…

  • 【6720 4233】プリヴェ&イーレヴォ【比率の罠】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 14:02:13.46 ID:9jt5owRW.net プリヴェ企業投資HD http://prv-inv.com/ イーレヴォリューション http…

  • 【5009】富士興産【まだまだこれから】

    元スレ 1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 21:02:13.54 ID:A8zTPYAI.net 前スレ http://live25.2ch.net/test/read.cgi/stockb/…

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑